戻る

120億km 10万光年 500万光年 2億光年 10億光年

 この超銀河団は板状になっていて、ネットのように連結しあい、ちょうど、泡の表面の膜のように存在しているといわれています。これが泡宇宙と呼ばれる宇宙の大規模構造です。

 宇宙の大きさはまだはっきり分かっていませんが、地球から観測できる宇宙の果ては150億光年といわれています。泡構造が確認されているのは、約5億光年の距離までなので、まだまだ未知な構造が待ち受けているかもしれませんね。

 どうですか? 夜空を見上げて星を見るときの気持ち、これで少し変わるかな?